書作:第二十九回泰永書展

あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 (撮影:松里鳳煌) 昨年末に開催された泰永書展の作品。 初めて長尺作品に挑戦させていただきましたが、 いきなりの長条幅、しかも二幅。 当人としては…

書作品撮影:第二十九回泰永書展

作品撮影の経験の場となる泰永会さま。 書家である野尻泰煌さんの作品撮影から始まり、 主宰する泰永会の撮影も頼まれることになり十年数年。

お知らせ:ハンガリー発の記事まとめ

愚息と妻も出席させて頂いた泰永会海外展 第28回泰永書展 in ケチュケメート市 に関する記事のリンクを弟が纏めたようです。 お知らせ:第28回 泰永書展 in ケチュケメート市に関する記事まとめ 奥さんと息子もバシバシ…

雑記:息子と妻が記事に

ハンガリーのインターネットメディア(KEOL)で息子と妻の姿を目にする。 私は”書”をやるというより被写体としての野尻泰煌氏をライフワークにしている点で二人とは大きく異なる。 「本当に書家を撮るなら書けないとね。撮りたい…

雑感:ハンガリーのケチュケメート市へ

愚息がお誘いをいただきハンガリーへと赴くことになった。 というのも 第28回泰永書展 in ケチュケメート市 がハンガリーのケチュケメートで開催される為。 現地で配布される資料に野尻泰煌氏の作品写真を掲載したいと要請を受…